TeraTDS™

TeraTDS™は、暗号化されたデータをユーザーが認識可能なフォーマットで、運営システムで開発/テストシステムに安全に移管することで、機密テストデータを保護することができるソリューションです。
TeraTDS™は、開発やテスト環境構築時の運用データの主な情報をテーブル間の連関性を維持しながら、元の値を読みやすい他の値に変換するテストデータ生成・変換・管理ソリューションです。TeraTDS™は、高速ETLソリューションであるTeraStream™と共に構成することができ、ほとんどの商用のDBMS(ORACLE、DB2、SYBASE ASIQ、ASE、Informix、MS-SQL、Altibase、TiberoおよびTeradata)に対応します。

システムアーキテクチャ

主な特徴

  • さまざまなOSおよびDBMSに対応
    TeraTDS™は、Windows、Unixを含む多数のOSに対応しており、ほとんどの商用およびオープンソースDBMSに対応します。
  • 機密情報の保護
    TeraTDS™は、データを抽出する際にこれを暗号化するため、その後の段階で復旧したり、解析されないようにデータを保護します。
  • 高速処理
    TeraTDS™は、独自の高性能データ抽出モジュールFACT™と、大量ソートエンジンCoSort ™を使用するため、一般的なSQLより5~10倍高速でデータを抽出し、変換します。
  • 参照整合性の確保
    TeraTDS™は、運営システムにあるテーブルとテストテーブル間のスキーマ情報を比較・マッチングすることで、暗号化処理過程でも、データの互換性およびテーブル間の参照整合性(RI)を保つことができます。